読書備忘録

ここ一ヶ月くらいで読んだ本。
 ・弥勒世(上/下)      馳星周
 ・TOKYO BABYLON   馳星周
 ・本当は怖い沖縄     仲村清司
 ・9.11倶楽部        馳星周
 ・ゆりかごで眠れ      垣根涼介
 ・ブルー・ローズ(上/下) 馳星周
 ・悪の教典(上/下)  貴志祐介

読書の秋。秋の夜長に、って事で読書に耽ってます。
ほとんどがハードボイルド系。
悪の教典のみサイコホラー?

そろそろココロが洗われそうなヒューマンドラマ系の
感動する本を読みたいな。

一番面白かったのは弥勒世かな。
e0051651_160384.jpg


戦後の沖縄、コザ暴動があった1970年頃、本土復帰直前のお話です。
CIAとかアシバーとか米軍とか、当時の混沌とした沖縄がすごくリアルに感じることが出来た。
やまとーんちゅ、アメリカー、うちなーんちゅ・・・
反米、反戦、本土復帰、人種座別、様々な思いが絡み合った色々な意味で”強い”小説。
今までの馳星周の小説とは違い、歴史に忠実というか、
ノンフィクションの中に少しだけフィクションを混ぜてる感じでしょうか。

久々に面白い本を読んだ。

当時、沖縄は米兵に人権を侵害されても
泣き寝入りしかできなかった時代だったけど、
つい最近も米兵による暴行事件があったばかりで、
本土復帰から40年たつ今でも
今なお続く米兵による暴行事件・・・オスプレイ問題もあったり、
基地問題、尖閣問題(これは別)もあったり。
結局は泣き寝入りしなければならない歴史は変わってないのかなぁ、
と悲しくなったりもする。



話は変わって、
今年は沖縄に5回も仕事で行き、
「もう今年はロケはないだろう。。。」と思っていたら、
今度は、ホノルル→タヒチ→グアムと海外3連発の予感。

海外って今まで一回しかいった事ないから、不安。

旅行だったらいいのに・・・orz
[PR]
by mujina-TK | 2012-10-29 17:03 | 日記

バスケと酒と沖縄と息子をこよなく愛してます。


by TK-11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31