6/16(月) 白夜行

読書の話。

GW中から暇だったので、
もともと気が向いた時しかしてなかった読書をしだしました。
読む本といえば、宮部みゆきさんやら、貴志祐介さんやら、
東野圭吾さんやら、奥田英朗さんやら、馳星周さんやらが多いです。
ビジネス書籍や自己啓発系の本は苦手で、
数ページ読んだだけで眠くなる始末です。

GW前に読んでた本では、
チームバチスタの栄光、サウスバウンドやらですが、
どれも面白かったなぁ。
どちらも映画になってますが、映画は見る気がしない…。
今まで原作を読んでから映画を見ると、
「自分の中で作り上げた原作の世界観」
をぶち壊された事しかなかったので…。

GWから読んだ本
・虚の王   馳星周
・クラッシュ     馳星周
・マンゴーレイン   馳星周
・悪夢のエレベーター 木下半太 
・かっぽん屋  重松清
・白夜行  東野圭吾
・幻夜  東野圭吾(進行中)  

5月の頭から読み始めてるので、週1冊ペースで読めてるのね。
もともと本読むのめちゃくちゃ遅くて、
普通の小説を週に一冊なんて読めなかった。
今では読めるようになってきたので、読むの早くなったのかな?

昨日ちょっと遅いけど白夜行を読み終えましたが、
白夜行は面白かった。

e0051651_16445161.jpg

ネタばれになるので、あまりストーリーは書かないですけど、
まぁ「ノワール」の世界がよく書かれてます。
すごいなぁと思いました。
構成といいますか、なんというか…。
とにかくすごい勢いでこの小説の世界に引き込まれていきました。
大阪の下町で育つ少年と少女。
太陽がないけど暗くない場所を行く男女。
ハゼとエビの関係。
まったく接点のない雪穂と亮司。
その二人の心理描写がまったくないため、本人たちの感情が読めず、
読んでる側が二人に振り回されてる気になってくる。

久々に刺さった小説でした。


テレビではどんなドラマをやったのか知りませんが、
TBS「白夜行」のWebサイトを見る限りでは、
やっぱり小説ほど深くは描かれてない気がする。
DVDでレンタルされてるみたいですが絶対に見ません。
世界観がぶち壊されそうです。

明日の夜から木曜まで出張なんで、
続編(?)と言われる「幻夜」を読破したいなと思っとります。


皆さん、原作の本を読んだ後で、映画化されたもの見ますか?
見て後悔したことありませんか?
[PR]
by mujina-TK | 2008-06-16 17:06 | 日記

バスケと酒と沖縄と息子をこよなく愛してます。


by TK-11
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31