<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨日は早く帰って映画見ました。
ジーン・ワルツを読むのも楽しみだったけど、
今日は映像を見たい…と思いTSUTAYAへ。

そこで手にしたのが、これ。
「ぐるりのこと。」
出演: 木村多江, リリー・フランキー, 倍賞美津子, 寺島 進, 安藤玉恵
監督: 橋口亮輔
e0051651_14275421.jpg

リリー・フランキー、木村多江、すごくいい味出してます。
夫婦間コミュニケーションの難しさをすごく上手に表現していた。
今の自分に置き換えて見てたので、すごく感情移入できた。

映画もやっぱりいいもんだw
[PR]
by mujina-TK | 2009-02-28 14:31 | 日記

2月27日(金)読書の冬

ここ最近、本ばっかり読んでます。

ハマっているのはやはり海堂尊さんです。
「ナイチンゲールの沈黙」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」に続き、
「螺鈿迷宮」★★★★☆
e0051651_1552186.jpg

碧翠院桜宮病院のお話。
なかなか面白かったですね。
そして、
「イノセントゲリラの祝祭」★★★★☆
e0051651_1554121.jpg

医療問題に関する部分が多く病院でのミステリー&人間ドラマ的なものはなく、
会議室での論争メイン。少し今までの作品とは毛色が違う感じ。
そして、
海堂尊さんのシリーズから一旦別のものを読もうと思い、
石田衣良さんの「ブルータワー」★★★★☆
e0051651_1614331.jpg

を読んでみる。SFチックな世界観がメイン。
現代と未来を行ったり来たり。精神だけタイムスリップした
200年後の世界は殺人インフルエンザで侵された世界。なかなか面白かった。
そしてそして、
また海堂尊さんに戻り、
待望の「ジェネラル・ルージュの伝説」が発売されたので即買。★★★★★
e0051651_1662874.jpg

救命救急センター部長の速水晃一の若き日の伝説。
カッコいい。一瞬で読み終わってしまった。
その他、この本には海堂尊さんの世界観の解説が載せられてた。

その他、広告関連の本
クロスイッチ―電通式クロスメディアコミュニケーションのつくりかた
e0051651_1611483.jpg

半ば強制的に読んだ感じですが、なかなか面白かったです。
広告コミュニケーションを考える上で、
フレームを理解するのにすごくいい本だと思いました。

読書ってホントにいいですね。
映画見るのも、その世界観に入りこめて好きだけど、
最近は読書の方が好きです。

今日から読むのは、これ
海堂尊「ジーン・ワルツ」
e0051651_16161375.jpg

楽しみで楽しみで仕事になりませんww

海堂さんにハマってから医療問題に興味を持つようになりました。
関係ないけど、最近問題になっている、
ネットでの医薬品販売に関しての規制も著名してしまいました。
関心があれば是非。
ネット著名にご協力下さい。
ネットでお薬が買えなくなるのは、普通に痛いでしょ…。
対面販売だろうがネット販売だろうが薬害のリスクはあるでしょ…。
心ない省令に少し苛つきます。

ブログパーツで木を育てる事にしたので、
これから些細な事でもちょくちょく更新していきます。
でわでわ。
[PR]
by mujina-TK | 2009-02-27 16:25 | 日記

2月16日(月)嘘つき

嘘について。

自分はこの30年間嘘をつくことは悪いことだと、
思って生きてきました。
なので嘘は極力つかないようにしてきました。

嘘をつくと心が痛いです。
なのでつきたくなかった。

もちろん、嘘をついたことはあります。
その度にいやな思いをしてきました。

嘘はつきたくないので、
言わなくても良いことを馬鹿正直に言って、
相手を傷つけることもありました。

でも「ウソ付くよりかはいいだろう」と思い続けてきました。

・・・。

でも、そうではない、と今さらながらに気付かされました。

嘘をつくことによって、相手を傷つけない。
物事がうまく進む。
そんなこともある。

そんな時はその嘘を墓場まで持っていく。
という決意のもと、つく覚悟が必要だと。

嘘をつくなら墓場まで。

それがこの世の中でうまくやっていくことにつながるのであれば、
そうしていこう。

もう少し器用になろう。

その覚悟をもてた今日この頃。


生きていくのって難しいです。
[PR]
by mujina-TK | 2009-02-16 16:08 | 日記

バスケと酒と沖縄と息子をこよなく愛してます。


by TK-11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30